救助隊

2014年度活動報告

 今年度の活動の特徴として、以下の 6点があげられます。
① 6月の救急救命講習会では、昨年に引き続いてテーピングの講習を行いました。それに合わせて、国際山岳医を招き低体温症についての講演を行いました。
② 同じく、6月の救急救命講習会で、始めてアンケートをとりました。
③ ll月の模擬捜索訓練前に講師を迎えてGPSの講習会を行いました。
④ ll月の模擬捜索訓練に、隊員外の参加が8名ありました。
⑤ 同じく、 11月の模擬捜索訂1練の搬出の際に「ヒヤリハット」がありました。
⑥ 徳島からの参加が増える傾向にあります。

1.救助隊の体制について

(1)2014年度の役員体制

 隊長:佐藤 副隊長:三野 事務局長:宮武 事務局次長:谷本
 事務局員:音地、一村、市原、藪下 担当理事:なし(理事会には役員が交互で参加する)

(2)役員会の定期開催について

6/3 (善通寺) 7名 救急法講習会と合同トレーニングについて
8/11 (高松) 5名 救急法講習会と合同トレーニングの反省
10/6 (善通寺) 3名 合同トレーニングの反省と模擬捜索訂1練の計画について
12/1 (高松) 7名 模擬捜索訓練の反省と合同トレーニングの計画につい
1/14 (善通寺) 6名 2014年の総括と合同トレーニングの計画について
2/9 (高松) 名 合同トレーニングの計画と総会について
3/ (善通寺) 名 合同トレーニングの反省と総会に向けて

2.隊の活動状況

月日       場所        参加者  内容/備考
H26 6/28~ 29 赤星山北面皇子渓谷 14名   ・沢での搬出トレーニング場所を変えての斜張りの繰り返 しの練習は良かつた。
H26 9/6~7   大屋富の岩場    26名   岩場での搬出トレーニング。始めて徳島から参加者あり。
                        ・レベルに応じた班別にしたのが良かつた。
H26 11/16   雲辺寺山      19名   模擬捜索訓練
                        ・隊員外の参加者が8名もいた。
                        ・搬出路が悪かつたので途中から負傷者の人に歩いてもらつた。
H27 2/14-15   鏡ヶ成・雪山の搬出トレーニング

3.コンパニオンレスキューの普及活動

(1)救急救命講習会 H26 6/15

 場所:丸亀養護学校体育館
<参加者 >92名
<まとめ >・国際山岳医の話は、わかりやすかつた。
     ・徳島と高松山の会から大勢の参加があつた。

(2)まさかの時の対処方法 H26 3/8

 場所:三木町総合運動公園・嶽山
<参加者 >51名
<まとめ >・始めて徳島から参加者があった。
     ・近くの太古の森は立木があり、 トレーニングに最適であつた。

2015年度活動方針

 以下に今年の活動方針を示します。
① 隊員を増やすための活動
② 救助隊員の更なる救助技術レベルアップとその維持
③ コンパニオンレスキュー技術の普及活動
④ 行事への個別呼びかけの強化
⑤ 活動のオープン化推進(行事予定の事前配布と呼びかけ方法の工夫)
⑥ 救助技術の研究活動(必要に応じた技術委員会の開催)
⑦ 隊活動の宣伝(新聞、テレビ等)
③ 他団体、組織との連携

1.隊員の合同トレーニング

(1)沢での搬出訓練
 日程:7月4日(13時~)~ 7月5日(7時~ 16時まで)
 場所:未定
 内容: ・4日(13時~)⇒基礎技術の確認・5日(7時 ~)⇒負傷者の搬出訓練
(2)岩場での搬出訓練
 日程:9月5日(12時~)~ 6日(7時~ 15時)
 場所:大屋冨
 内容:・5日⇒基本技術の確認・習得・6日⇒負傷者の搬出訓練
    ・課題 ⇒ レベルに応じた訓練⇒負傷者の引き上げ、引き下ろし(コンパニオンレスキュー)
(3)山での模擬捜索司1練
 日程:11月15日
 場所:阿讃山脈
 内容:・遭難者の捜索・救助訓練
    隊員外の参加要請を行います(各会2名以上を目標)
   ・課題⇒全体ミーティンと班毎のミーティング実施による情報共有と意識合わせ
      ⇒携帯電話からの救助要請
      ⇒パーティー内の責任体制確立
(4)雪山での搬出訓練
 日程:2016年2月13日(12時~)~ 14日(15時まで)
 場所:未定
 内容:・スケッドストレッチャーとツエルト等を使った搬出。課題⇒支点構築

2.コンパニオンレスキュー技術の普及活動

(1)まさかの時の対処方法
 ・日程:2016年3月13日
 ・場所:未定
(2)救急救命講習会の開催
 ・日時:6月14日
 ・場所:未定
 ・内容⇒検討中