登山学校運営委員会

2014年度活動報告

1.初級登Ш学校

 2014年の初級登山学校は「2014観音寺市民登山学校」として、観音寺市で実施しました。受講者は34名でした。(内訳は一般28名、観音寺あけぼの山の会6名)
 今年は「観音寺市体育協会」が名目の実施主体となり、「観音寺あけばの山の会」が主管団体という形をとりました。
 受講者は20歳代の若い人から中高年の人までバラエテイーにとんだ顔ぶれでした。
 カリキュラムは講義4回実技4回の計8回で行いました。
 受講者は例年通り熱心に受講し意欲的に学ぼうという姿勢が見られました。講義の受講率は90%、実技は70%でこれもほぼ例年どおりでした。
講義、実技とも観音寺あけぼの山の会の全面的な協力によってスムーズに実施することができました。
 登山学校終了後の交流登山を2回実施し、またこの登山学校を通して4名が新しく入会しました。今後も引き続いて例会山行などに参加するよう働きかけ入会につなげるように努力していきます。

2.実行委員会

 実行委員会は4回行いました。(4月9日。6月11日・8月20日・12月10日)
 内容は今年度の初級登山学校の要項決定から準備作業、カリキュラムの実行、そして総括反省などで例年通リスムーズに行うことができました。(12月10日は2015年度の実施計画について)
 事務的に決定し実行する事柄が大半なので、実行委員会を招集して相談しなくても実施できることについては連絡だけで済ますようにして実行委員会の負担を減らすことに心がけました。実施した地域の会は献身的に協力してくれましたが、その他の会は実行委員の参加が少なく、県連全体の取り組みとしては不十分な面もあります。(一部協力的な会もありました)やむを得ないところもありますが、登山学校実行委員会の活動を効率的にしていくために今後検討していきます。

2015年度活動方針

 2015年の初級登山学校は「2015初級登山学校」として、高松市を中心に実施します。